イメージ化がこれからチラシの決め手

今や不況期の真っ只中。当然買い控え傾向が強くなる。売り上げ減、ボーナスカット、派遣切り、リストラ、倒産などのフレーズがマスコミを通じ乱舞し、心理的な財布の紐が固くなるのだ。「不安=買い控え」であるが、買い控えとはなぜ起こるのか、それを心理学的にアプローチすると次のようになる。

人間は毎日様々なものやサービスを購入しては消費する。ゆえに消費自体が無意識行動のようになっており、その無意識とは潜在意識と言われている。潜在意識とは習慣行動でもあり、朝起きて顔を洗ったり、歯磨きをしたりという行為は潜在意識から命令されている。成人であれば意識して今朝は歯磨きを忘れないようにしようなどと考える人はおらず、無意識で行動しているのだ。

実は消費もそれに近い。毎日人間は無意識的にあれが欲しい、これが食べたもっといい家に住みたいと勝手に想像している。その想像が脳内で繰り返され、頂点に達したときに消費行動に走るのだ。その想像というのがいわゆるイメージかである。心の中でその商品やサービスを使っている姿を繰り返し、無意識でイメージするから購買行動が起こるのである

例えばベンツが欲しいという人は頭の中でベンツに乗っている自分をビジュアルに繰り返し想像している。今から焼肉を食べたいと思っている人は頭の中で飽きにくをたべている自分を想像している。このイメージが購買欲求の根源だが、不況期になると心にブレーキがかかり、イメージかがしにくくなる。だから消費マインドが現d対するのだ。

ゆえに購買喚起はイメージかの手助けおwしないといけない。つまり、ビジュアルにその商品やサービスを使っている姿を明確に書かせることである。そのためにはチラシにリアルなイメージを見せるべく商品+人の要素が不可欠なのだ。商品だけでは購買喚起することは難しい。だから商品だけのチラシでは今の時代、特に不況期は当たらないのだ。にもかかわらず何の工夫もなく商品だけを載せるチラシが世の中ほとんどであり、そんなチラシ制作をしておきながらチラシはあたらない、客がこないと嘆いている。本末転倒だ。